宮部みゆき、新潮文庫。つわけでみゆきちゃんの時代小説。流石に、巧い。立てや酔狂で当代随一の作家の一人ではない。細やかな心のひだを捉える筆致、ミステリも巧みにこなす器用さが生み出す構成の妙、そして時代物には欠かせない「匂い」が伝わってくる文体と描写。どれも一級で、流石の一言である。素晴らしかった。